twitter

プロフィール

namecorn

Author:namecorn
CPU:Intel Core i5 2500K
Mem:DDR3 8GB
Video:ATI Radeon HD 6850
Mouse:DHARMA POINT DRTCM37BK
Pad:Razer Goliathus Speed
Keybord:Topre Realforce 91 UDK-G

カテゴリー

Link

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のコメント

監視カメラ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Neat! Neat! Neat!
ゲームとクルマとPCにまみれた日常のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

charsoon antimatterで充放電データを記録してみる
P_20180202_221545_vHDR_Auto.jpg 

巷で人気の充電器、アンチマターを出遅れながらもついつい衝動買いしてしまいました。
turnigy reakterも含めれば愛用されている方はとても多いと思います。

実はこの充電器、USBケーブルでPCと繋げると充放電のデータを記録できます。
接続&設定方法については、超有名ブログのScuderia Sitosama.にて記事が上がっており
そちらを見る方が話が早いのですっ飛ばして、
(iCharger208Bですが中身が一緒なので同じ方法で動きます)
今回はデータ記録ソフトlogviewの大雑把な使い方を紹介します。


1.logviewを起動する
WS000898.jpg 

デバイス選択にAntimatterは存在しませんが、
中身が一緒かつ出力も一緒なのでなんとなくiCharger106B+にしてます。
他の設定は上で紹介したしとさま様の記事を参照のこと。

2. 充電器と通信開始
antimatter1.png 

起動したら上側メニューの「Device」→「Open Port/Recording」を選択します。

3. 充電器を操作する
WS000896.jpg 

あとは充電器本体で充電なり放電を始めると勝手に記録を始めます。
動作が終わると記録も終わるので、ここからは見てるだけでOK。

・・・なんですが、このままではグラフが見辛いので設定をちょっと弄ります。

4.グラフに表示したい内容を絞る
antimatter2.png 

左側のチェックボックスでグラフに表示する項目を選択できます。

上からざっと紹介すると・・
Input:親電源の電圧。カーバッテリー運用だと残量が分かって便利。
Voltage accu:電池の電圧 [V]。
Current:充放電電流 [A]。
Capacity:充放電容量 [mAh]。充電電流x時間で求めてます。
Power:電池の電圧x電流値 [W]。
Energy:上のPower値 x 時間 [Wh]。
Cell1~Cell6:各セルの電圧。RCバッテリー向けなので消す。
Int.Temperature: 充電器内部の温度。
Ext. Temperature: 外部接続の温度計の温度と思われる。使ってないので良く分からん

太字にしたVoltage accu, Current, Capacityあたりが見たいデータです。
お好みに応じてInputもどうぞ。
Ext.Temperatureで電池の温度が測れるとなお良しですね。

なおチェックを外しても記録自体は全項目でやってるので
見たくなったらまたチェックすれば良いだけです。


5.グラフの表示設定をいじる
antimatter3 

先ほどチェックを入れた項目の上で右クリックすると
グラフの表示設定をいじることができます。
デフォルトの線は細いんで一番でかい3ptが好みです。
あとは好みに応じて表示上限、下限値を決めてあげて下さい。


6. データの管理
antimatter4.jpg 

画面下側のTableのタブをクリックすると、エクセルっぽい表でデータが出てきます。
数字でより細かくデータが確認できます。

antimatter6.jpg 

ファイルに関しては専用のlog形式のほか、
Export機能を選べばCSVやエクセル形式でも出力できます。
複数データをまとめたり、もっと突っ込んでグラフ化したいときは
エクセルに任せてしまった方が便利そうですね。


昨日今日で触ってみた内容をとりあえずまとめてみました。
割とお手軽に電池のデータが管理できそう。
これだけでミニ四駆を弄った気になってしまいます。

色々実験して何か分かったらまた新しく記事を書こうかな。

 

スポンサーサイト
お宝鑑定館 伊勢崎店 月例大会
久々にお宝館の昼間のレースに出てきました。
色々と支度が遅れ、到着したのは開始ぎりぎりのタイミング。
そこから少し練習する時間があったのが助かりました。

P_20161204_160738_vHDR_Auto.jpg 

P_20161204_162340_vHDR_Auto.jpg 

当日のレイアウト。バンクのためブレーキを浅めにすると、
画面奥側のDBからの着地ウェーブが結構きびしめ。

P_20161204_133707_vHDR_Auto.jpg 

今回は新車のテストも兼ねての参加です。
ちょっとした思い付きでS2FMを作ってみました。
お手軽仕様なのでフロント周りは全部FRPだしタイヤは普通にローハイト。

予選はポイント制で、1位から3-2-1ptと割り振り。
9ptを獲得すれば決勝進出となります。
ブレーキがっつりでストップ&ゴーをかけるセットがうまくはまって
綺麗に3連勝。まさかの1抜けで決勝進出となりました。
なお、決勝は1回戦で先頭を快走しながらもLCでコースアウト。
立体区間はベタベタだったしいけると思ったのに。そこかぁー。
久しぶりに可能性を感じる走りが出来てた分悔しいなあ。

今回からブレーキの貼り方を少し変えてみたのですが、
これがレイアウトと合わさって、速度の割に
飛距離は抑えられる強いセットが出せたのは良かった。
やり方自体はFMだけでなくVSでも使えるし、
今後展開して確認していきたいところ。

今回投入したS2FMについては、感触が非常に良かったです。
駆動の面で不利かと思いきやそこまで遅くはなく、
リアのブレーキの高さに制限があるのも今回は特に気にならず。
むしろ前ブレーキで攻めるセットが出せるメリットの方が大きいかなと。

今後も機を見てS2FMを使っていくつもりです。
とりあえず課題はいくつか見えました。
・ひっくり返した電池に合わせた接点周りの位置出し方法
・タイヤのグリップ
・マスダンの重量配置
上記、詰められてない部分を掘り下げながらうまく結果を残していけたらいいなあ。



墓生まれ
2012-02-23 19.17.07

すんげー久しぶりに Magic: The Gathering を買いました。
Premium Deck Series: Gravebornという限定セットです。

プレミアム・デッキ・シリーズは、いわゆる「企画モノ」のデッキシリーズで、
あるテーマに沿ったデッキとして過去のカードが全てFoilで60枚収録されています。
今回買った「Graveborn」は「墓生まれ」の名のとおり、リアニメイトデッキとなっています。


2012-02-23 19.18.27

このセットは英語版しかないので、どこかの代理店が輸入してる事になるんですけど
日本語版を売ってるタカラトミーがそのまま代理店をやっていました。

昔の英語版って日本語版より凄く安くて、日本語版とは代理店が別なのかなって思ってたけど
それがどうも並行輸入品だったらしく、現在は規制が強化されて正規代理店(タカラ)経由のもの以外は出回らなくなったとか。

消費者的には安く買える方が嬉しいとはいえ、日本語版が売れなくなって販売停止にでもなったら
それはそれで問題があるし、仕方ないかなとも。


2012-02-23 19.19.30

そんでは開封してみましょう。

《悲哀の化身》が目立つようにプラケース内にわざわざ見栄えが良いようにカードが置かれていますが
全てのカードがここに収まっているわけではなく、代表的なものだけを目立つように置いてるみたいです。


2012-02-23 19.21.18

内容物はこんなところ。
紙製のデッキケースとカード、あと20面ダイス。


2012-02-23 19.41.17

デッキケースの中にはプラケースに収められた分を除いた残りのカードと冊子類が入っていました。

デッキの大半のカードがちゃんとビニールに包まれてるのに対して
プラケースで「展示」されてたカードは裸の状態なわけで、
そのせいかは知らんがこれらのカードだけがFoilカード特有の「反り」が酷くなっていたので
見栄えが良いとはいえこういった梱包の仕方はちょっと考え物かも。


2012-02-23 19.40.55

リアニメイト系のデッキはコスト度外視で大体どんな生き物でも召還できるって特徴から
収録されてる生き物が派手なものばっかりなのが良いところです。
インベイジョンの伝説のドラゴン、クローシスは今回新規イラストで収録。


2012-02-23 19.49.56

大半の人がこのカード目当てにこのデッキを買ったであろう、オデッセイのトップレア「納墓」。
山札から好きなカードを墓場に落とすという効果なので
逆に墓場から使う手段さえあれば、好きなカードを持ってこれる強力カードになるって事です。



ためしにデッキとして回してみましたが、バランスが悪くてイマイチうまく回らないってのが正直な感想です。
それぞれのカードは優秀なので、やっぱりカードゲームはデッキを自分で弄ってなんぼって所ですかね。

 
 
トヨタ、HV最小モデルを出展=11年発売-ジュネーブショー

レクサス初の5ドアハッチバック。
最小ってもプレミオ・アリオンクラスのプリウスとサイズがちょい違うだけ。
排気量は一緒だし、Cセグメントだねぇ。オーリスベースかな。

ハイブリッドでハッチバックというとホンダのCR-Zが浮かぶけれど、
(厳密に言えばプリもインサイトもHBだけど、どっちかってと4ドアクーペ)
BMW1シリーズなどのプレミアム・ハッチバック路線でいくそうです。

うーん、画像付きの記事見ましたが、
レクサスデザインじゃ躍動感も色気もなくて
ハッチバックは向いてないと思うんだよなぁ
A3より下品だし、アクセラよりつまらない。

余談だけどCR-Zは口が前に出すぎててフロント周りのデザインが苦手です。
それでも斜め上から見るとかっこいいし、
割り切った「コンパクトスポーツ観」は一昔前のハッチバック(それこそCR-X)
を思い出して凄い良いんだけどね。
ハチロクを色々詰め込みまくってなんだかよく分からない車にしたトヨタは見習ったほうがいい。

 
授業予備日で休みなのに学校あると思った親に起される。
いまだに親に起されてる俺が悪いっちゃ悪い。。。

「あんた絶対一人暮らしできないから!」
うん、そんな気がする。

My Bloody Valentineの"You're Still In A Dream".
次のアルバムの"When You Sleep"といいこのバンドの寝てる曲が気に入ってます。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。