twitter

プロフィール

namecorn

Author:namecorn
CPU:Intel Core i5 2500K
Mem:DDR3 8GB
Video:ATI Radeon HD 6850
Mouse:DHARMA POINT DRTCM37BK
Pad:Razer Goliathus Speed
Keybord:Topre Realforce 91 UDK-G

カテゴリー

Link

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のコメント

監視カメラ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Neat! Neat! Neat!
ゲームとクルマとPCにまみれた日常のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Syrup16g darcに無くてCOPYにあったもの
Syrup16g の新譜 "darc"が発売となりました。

P_20161116_211257_vHDR_On.jpg 

かっこ良く撮ってるけど所詮は水鉄砲。
なんとなく情けない感じはバンドに対するイメージに合うのかも知れない。

発売にあたり、製作中に「ファーストのCOPYを今作ろう」という意識があったとの文言がオフィシャルに盛りこまれ、「いや俺はcoup dE'tatが好きだけど」と思いながらも心の何処かで原点回帰に期待してしまう中で視聴しましたが、最初の一周は何かが物足りない。暫く聴いてるうちに良く思えてきてはいるんだけど、過去のアルバムのように一発で撃ち抜かれる事はなかった。B面集を聴いてるような感覚。
確かに不協和音の響かせ方だったり歌メロの美しさはSyrup16g、というか五十嵐隆にしか出せないものだし、それが解散・再結成を経た後にまた継続的に聴けているということは嬉しくはある。でもねぇ。

元々シロップは五十嵐の歌とギターの和音の不安定さのせいで音の輪郭をとりにくい部分があって、ベースラインを全面に出すことによって曲を引っ張ってく形が多いんだけど、darcにおいてはベースが引っ込み気味に聴こえることと、一発録りに近いせいか歌が余計に洗練されてないので、それが特に初視聴のとっかかりにくさを増幅させている気がする。

とはいえ、それこそ引き合いに出した「COPY」でも似たような音像だったと思う。それでもあっちは初視聴からグイグイ引きずり込んでくる力強さがあった。

この差は何か。たぶんワンフレーズの重さにあるんじゃないかなあ。
COPYは音こそ淡々としていたものの、あのメロディに乗せてポロっと吐き出されたように歌われる詞はとても強烈だった。
「本気出してないままで終了です あとは箒で掃いて捨てる」(無効の日)
「君は死んだほうがいい」(デイパス)
「死ねないことに気付いて 当たり前に黄昏れて」((I can't) change the world)
歌い出しだったりサビから引っ張り出しただけでこれである。

これは別に再結成後にも失われてはなくて、Stop Brainでは「思考停止が唯一の希望」とリフレインしてみたり、Thank youで「墓に埋葬 上機嫌」してた訳です。今作だけ抜け落ちてしまった。

音楽的な部分で言えば、短期間で製作したということもあってか、曲の構成にそこまで大きなフックも感じず、音の詰め込み方も少ない。5分弱がドラマのようだったCOPYの「君待ち」を聴き直すとなおさらそう感じます。


個人的には執拗に作りこんだcoup dE'tatや異様な閉塞感のHELL-SEEが大好きで、COPY自体はあっさり目に思えながらもその分素材の力強さを強烈に感じられて、darcにも同様の期待を持っていましたが、残念ながら1回目の視聴ではそこまでではなかったかなあ、というところ。

まあファンだから聞き込んでいくうちに気に入っちゃうんだけどね。


そんなCOPYよりマスターピース、「生活」を。
心なんて一生不安さ!



 

スポンサーサイト
Syrup16g 再発患者
日本の3ピースロックバンド、Syrup16gのライブBDボックス
「再発患者」を買いました。

CIMG1396.jpg 

Syrup16gは2002年にメジャーデビューしたロックバンド。
ニューウェーヴやオルタナティブの影響が強い楽曲と
暗くて病んでてでも救いがあるような無いような歌詞で一定の人気を得ましたが
諸々の事情から2008年の武道館ライブで解散。
ギターボーカルの五十嵐隆は新バンドを組むも音源を発表することなく解散し、
そのまま消息不明となりました。

残りのメンバーがサポートだったり別バンドで活動する中、
五十嵐本人は5年ほど音沙汰が無かったのですが
2013年にいきなりソロ名義(という名のSyrup16gメンバー)で復活ライブを敢行。
以降は2014年にフルアルバム「Hurt」、2015年にミニアルバム「Kranke」をリリースするなど
ゆるやかながらコンスタントに活動をしている状況です。

CIMG1398.jpg 

で、今回は復活して以降に出したアルバム2枚のリリースツアーのライブ映像と
テレフォンズの解散フェスに参加したときのライブ映像で
BD(若しくはDVD)3枚組み+フォトブック。
フェスは曲数が少ないので実質2.5枚組ですね。

CIMG1399.jpg 

各ディスクケース。普段照明暗いくせに部分で切り取ると綺麗ですね。
これだけで満足感があります。

CIMG1400.jpg 

ディスクのほうは色違い(;・∀・)

Syrup16gのライブといえば五十嵐のくっそ不安定なボーカル(と、ギターも)で、
今回もその出来が気になるところですが、結論からいくとちょっと怪しいです。
特に前作「生還」ライブが本当に何年も何もしてなかった人なのかってくらい
歌が安定していた事もあるので。まあ逆にいつものやつだと安心するかも知れない。

ただ良い意味で「枯れた」印象だった生還の頃と比べると
掠れたり外れたりすることはあっても声量とか声質から活き活きとしている感じは伝わる。
生還では全体的にベチャっとしてた音響も今回は各楽器の粒が揃っていて、
演奏自体に迫力を感じるし、太鼓のお兄さんは笑っているしコーラスよく聴こえるし、
ああバンドとして良い状態なんだろうなあというのがひしひしと実感できる嬉しさよ。


3枚のディスクのうち、個人的に一番良かったのは「患者」ディスクで、
いつも寡黙な印象のキタダマキ(B)がMCで弄られたり色々と目立っていてファンには嬉しい。
ベースラインはいつもよく動いてるんだけど、このライブは特にはっきり分かるので
聴いてて飽きないです。ベース聴いてるだけで楽しいって。

以下、各盤の簡単な観想を箇条書き

「再発」
・「Share the light」のボーカルとギターのユニゾンはうまく弾けるんだろうかと思ってたけど
 こういうのはちゃんとできるのが流石である。
・アルバム「Hurt」の楽曲+定番曲中心というセットリストの中で光る「君待ち」。
 全体的に上に上にな曲が多い中でダウナーな感じがたまらない
・「ハピネス」の味のあるアコギ。
 音数の少ないソロとか誤魔化しが効かないのにこういう時はうまいなぁと関心する。

「患者」
・序盤の緩急のついた流れから怒涛の迫力の「Share the light」で全部吹っ飛ばして
 以降突っ走ってく構成。バンド的にハードコアな曲が珍しいので良いアクセントになります。
・「吐く血」のマキリンのコーラス。殆ど聴き取れなかったけどマイク使ってる絵が嬉しい。
 シロップはハモり方が怖い曲が多いんだけど、この曲もサビの救いの無さが強調されてて好き。
・「患者」2人に「医者」1人。まさにスーパードクター。

「2015.11.3 さいたまスーパーアリーナ」
・フェスなのでライブベストミニアルバムみたいな構成。
 勢いのままに始まって終わるのは珍しい。
・薄い幕の向こうで演奏するオープニングの生還再現演出がにくい。
・五十嵐のミスに客席から「がんばれ~!」の声が。小学校の運動会かw
・テレフォンズの復活を待ちたいMCの後のReborn。
 自分も復活した立場だからなにやら意味深。


そんなこんなで大満足のBD BOXでした。
大分出費したから節約するぞー

 

音楽の話でもしよう
他に特にここに書くような内容もないからね。

疾走感のある曲ってのが世の中には多々あるんだけど、その中でも異彩を放つ曲がコレ。





イギリスのポスト・パンクバンド、Joy Divisionの"Twenty Four Hours"って曲です。

どこまでも冷え切ってる空間を駆けていくような感覚も勿論凄いんだけど、
ここで突っ走っていった先の結末が洒落にならない。

この"Twenty Four Hours"がアルバムのケツから3曲目で、
その後の"The Eternal"と"Decades"はゆったりとしたひたすら暗い曲なんです。

アルバムをリリースする前にボーカルのイアン・カーティスは自殺しました。
アルバムのタイトルは「Closer」。「閉じる者」って他に「近づく」とかいう意味があります。


"Twenty Four Hours"で加速していった後
最後の2曲でズブズブと死の淵に沈みこんでいってるようにしか思えないという、ね。。


音楽性も素晴らしいとは思うんだけど、
イアンの自殺があってもっと特別な物に昇華してしまったというか
それ抜きで語れなくなってしまったアルバムだと思います。


ここまでまずい方向に突っ走ていく曲も中々ないだろうって事で、紹介してみました。


 
ありゃりゃ
そういや飛燕と一緒にすげー久々にCD買ったんだった。

Life Love & LeavingLife Love & Leaving
(2001/05/15)
Detroit Cobras

商品詳細を見る


バンド名の通りアメリカはデトロイトのガレージロックバンドだそうです。
ヴィレッジヴァンガードで視聴したらすげーかっこよくてAmazonで見たら1000円で売ってたので買いだな、と。

昔のR&Bとかモータウンのカヴァーアルバムなんだそうだけど原曲は勉強不足で全然知らないw
"Stupidity"とかはDr.Feelgoodもやってて、3枚目のアルバムのタイトルにもなってますね。
そっちのバージョンと全然雰囲気が違うんだけどオリジナルをYoutubeで聴いたらこっちのが近いみたい。

Youtubeは2曲目の"He did it"だけみっけたんでどうぞ。



 
掘ダッシュ
TSUTAYAでCDを借りると4枚で1000円、つまりは1枚あたり250円かかるんですけど、
Bookoffに行けば中古の一番安いやつがその値段なんですよね。
レンタル半額やってたときは当日にすれば1000円で10枚借りられたのに、、なんだかなぁ

ってことでツタヤに行ったらお目当てのCDがまた借りられていたからスパっと諦めて
Bookoffで中古で250円のCDを漁りにいった結果、

B'z "IN THE LIFE"
B'z "The 7th Blues"
B'z "FRIENDS Ⅱ"
The brilliant green "Terra2001"

を拾ってきた。B'zやっすいw

IN THE LIFEは初期~中期にかけての名盤的なポジションのアルバムで、
昔はbookoffの中だと750円ランクだった気がしてお得感から嬉しくなって買っちゃいました。
憂いのGYPSYは黒歴史。

7th BluesはエアロとかBON JOVI、ヴァン・ヘイレン辺りの
俗に言うLAメタル系のハードロックを相当意識して作ったアルバム。
2枚組で1枚目はB'z寄りのポップな曲にホーン(たしかスカパラ)をバリバリ鳴らして豪華にした印象。
2枚目はブルーズとハードロック寄りで割と重い曲が多い感じですね。
稲葉のシャウトが一番かっこいいのがネタ曲の「もうかりまっか」なのはどうかと思う。
もうかりもー!もうかり!もー!きゃきゃきゃきゃきゃ!(割とマジでこんな感じです)

FRIENDSⅡは文字通りFRIENDSというミニアルバムの続編です。
椅子を手荷物に電車に乗ることで話題の「いつメリ」収録の前作と比べて
これはAORっぽいらしいっす。AORっていまだに良くわかってないんだけどさw
ようは大人の雰囲気ってことなんでしょうね。


で、ブリグリ。TommyかわいいよTommy。
これは2枚目で一番売れたアルバムらしい。
1曲目の60年代のブルースロックみたいなもっこもこした音にノックアウトされました。
それとやっぱね、女の子のボーカルは可愛くなきゃ。

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。