twitter

プロフィール

namecorn

Author:namecorn
CPU:Intel Core i5 2500K
Mem:DDR3 8GB
Video:ATI Radeon HD 6850
Mouse:DHARMA POINT DRTCM37BK
Pad:Razer Goliathus Speed
Keybord:Topre Realforce 91 UDK-G

カテゴリー

Link

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のコメント

監視カメラ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Neat! Neat! Neat!
ゲームとクルマとPCにまみれた日常のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイパーダッシュ2を慣らす
DSC_0316.jpg

先日モーター慣らし機を買った記事を書きましたが
ついに手元に新品のHD2モーターが届いたので、今回はこいつを慣らしてみたいと思います。

とりあえず慣らし条件はYZ-PS1の3Vモードで、
正転5分→休憩5分→逆転5分→休憩5分を繰り返すという形で設定しました。

回転数はandroidアプリ「mini-Z rpm計ってみる?」を使って測定。
スマホのマイクからモーター動作音を拾い、アプリ内部でモーターの回転数に計算するアプリです。


Screenshot_2014-02-17-19-49-12.png

測定開始直後。
大体23500rpmくらいで回っていますが、ふらふらしてて回転数が安定しない感じ。
うちのメインで使ってるモーターは24000rpm程度で、この段階でほぼ追いつかれてます。


Screenshot_2014-02-17-20-10-35.png

正転・逆転を各5分実施した後の回転数。
順調に上がってきてますね。


Screenshot_2014-02-17-20-35-32.png

27000rpmくらいまでは順調に上がる。
このあとしばらくは28000rpmとの間をいったりきたりして・・・


Screenshot_2014-02-17-21-34-59.png

29000回転に到達。
この時点で計1時間くらい回してますが、まだ回転数が安定しないような。
しかしモーターの寿命が怖いのでここで打ち切り。

20140218_HD2.jpg

(測定途中からメモし始めたので中途半端なグラフ)


ってことで、割と良さげなモーターを作る事ができました。

それじゃ慣らしモーターでどれだけ速くなったのか、スピードチェッカーで調べてみました。


DSC_0317.jpg

これまでメインで使ってたモーターは31キロ。
はっきりいってうんこです。

DSC_0318.jpg

そして慣らしモーターはなんと35キロ!
この差はでかそう。


実際にどんだけ速くなってるかはトルクも関わってくるので走らせて見ないとって所もありますが、
個人的にはこれまでの課題だった速度向上について、
とりあえずモーターについては改善の余地があったことが分かって大満足です。

次回はなんで慣らしで回転数が上がるのか、簡単に考察できればいいかなと。

 
スポンサーサイト
YZ-PS1を買う
ひたすらミニ四駆ネタです。

ここしばらくの課題になっているのが「他のマシンより速度が遅い」ということです。
まぁ色々原因がありそうな中で、とりあえずモーターに注目して考えてみる事に。


モーターは使っているうちに性能が向上し、ピークを迎えた後に性能が低下、寿命を迎えていきます。
レースまでにこのピークにもってくために行うのがいわゆる「慣らし」ってやつですが、
俺は「走ってればそのうち慣れるべ」と、特に意識せず開封後すぐに車に載せて使っていました。

で、こうして雑に扱ったモーターを無負荷でぶん回して回転数を計ると、大体2万2千rpmちょい。
調べたところHD2モーターはうまく慣らせば3万rpmいくみたいなので、
ここの性能差は速度差に効いてそうです。


「慣らしは速度差に起因しそう」ってのが分かったので、次は自分で試してみたい。てことで・・


DSC_0288.jpg

ヨコモのモーター慣らし機、YZ-PS1を買いました。
まぁ厳密にはモーター慣らし機ではなく、電源としての機能しかありません。
要は乾電池の代わりにコンセントから電気をもってくるための変換機、言ってしまえばACアダプタです。
こいつを使えば慣らしのためにわざわざ電池を用意する煩わしさを無くなります。
極端な事を言えば1週間ぶっ通しでモーターをぶん回せる訳です。

ただ、モーターのコンディションを確認しながら電圧を調整する・・・
タイマーで慣らし時間と休憩時間を細かく設定する・・・
なんて素敵な機能は一切入っておらず、とにかく直流2,3,4Vを供給するだけですが、その代わり安い。
近所のホビーショップで1200円ちょいで入手できました。


DSC_0289.jpg

センサーとかそんなんも一切ないので
コンセントに電源ケーブルを差してワニ口をモーターに繋げるだけ。

分かりやすくモーター単体みたいな状態で写真を撮ったけど
回してる間は振動で動いちゃうので、シャーシに載せたままの方が良いとは思います。

出力電圧は2,3,4Vをつまみで選べます。
ミニ四駆の場合は約1.5Vを2本直列で使ってるのでデフォは3Vですね。
真ん中基準に「ゆっくり、ふつう、はやい」って感じか。


データ取り用に新品のモーターを使おうと思ったら売切れててまだ何も試してませんが、
慣らし以外にもワークマシン用の電源として使えそうなんで色々便利になるとは思います。


ちなみに公式大会には持ち込み禁止ですのでおうちで使わないといけません。
まぁ大会当日にモーター慣らそうって段階で相当アレだと思うけれど。。。

 
タカサキハンズミニ四駆大会
タカサキハンズのミニ四駆大会に参加してきました。

DSC_0281.jpg

昨日が豪雪だったこともあり、大会が開催されるのか不安になりながらも向かうことに。
駐車場はこんなんでしたが、既に常連さんが集まって雪かきしていました。

時間が経つに連れて人が集まり始め、最終的には40人弱のエントリーになったようです。

DSC_0283.jpg

今回はストレートにやたら長い芝セクションが設置され、チューンモーター縛りのルールで実施されることに。


DSC_0282.jpg

今回使った車は真っ青MA。
本当は品川で使ったS2を出す予定だったのですが、
タイヤが小さいからかモーターが死んでたからなのか、トルクPROを積んだこいつの方が速かったという。。

お店で購入したチューンモーターを最後まで使っていくという決まりなので、安定を重視してアトミPROを選択。

予選は数レース行ってポイントが与えられ、合計10ポイントで勝ち抜きです。


・1回戦
 空けポンのアトミックチューンはどうかというと・・・死ぬほど遅い
 ぶっちぎられて3位 1pt。

・2回戦
 くじの都合で小学生と1対1。
 なんと小学生にすら先行されるも相手がコースアウト。
 無事に帰ってきて 1位 3pt獲得。

・3回戦
 安定しているもののやっぱり遅い。
 3位で1pt。

・4回戦
 再び1対1で速度勝ち。
 1位3pt.

・5回戦
 モーターが慣れてきたのか、少しは速度が出てきたような気もしてなんとか1位。
 3ポイントもらって合計11ptで決勝進出!

タカハンでの決勝進出は2回目ですが、正直このモーターだと相当しんどい(;´Д`)
案の定1回戦で速度負けして敗退しました。


反省点はあれです。アトミPROは遅い!
あとはメインのS2がそれほど速くないのが気になるところ。
原因を探っていきたいところです。とりあえずモーター変えてみるか

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。