twitter

プロフィール

namecorn

Author:namecorn
CPU:Intel Core i5 2500K
Mem:DDR3 8GB
Video:ATI Radeon HD 6850
Mouse:DHARMA POINT DRTCM37BK
Pad:Razer Goliathus Speed
Keybord:Topre Realforce 91 UDK-G

カテゴリー

Link

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のコメント

監視カメラ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Neat! Neat! Neat!
ゲームとクルマとPCにまみれた日常のブログ
電圧の謎
電池の電圧について。


まず、何もつないでいない電池の電圧をテスタで測ってみます。

CIMG0938.jpg
(アナログで見辛いですが、上から2個目の目盛りを10で割ってください)

2本直列で2.75Vです。

CIMG0940.jpg

この電池をマシンに乗せて、スイッチを入れると・・・

CIMG0939.jpg

2.5Vに落ちました。約0.25V電圧が落ちていることが分かります。

更にタイヤを指で軽く触り、回転をおさえると

CIMG0941.jpg

なんと2.2Vまで下がっています。

スイッチを切った後、電圧を再び測定すると、また2.75Vに戻ります。
つまり、電池の容量減少とは別に、
使っている間、モーターへの負担によって電圧が変化しているということです。

これは電池の内部抵抗によるものです。
電池は内部抵抗により、電圧を全てモーターに伝えることができないのです。


どういうことなのか、図を使って考えてみましょう。

モーター回路図2

電池は起電力(電圧1)により電圧を供給しているのですが、
同時に電池内部の抵抗によって電圧を削られています。(削られた分=電圧2)
ということで、モーターに加わる電圧は、電圧1から電圧2を引いた値になるわけです。

電圧2は、電池からモーターに流れる電流によって決まります。
中学校の理科で習ったオームの法則、電圧=抵抗×電流 を思い出すと、
電流が流れれば流れるほど、削られる電圧は大きくなる訳です。

電圧計やテスターで電圧を測る場合、電流はほとんど流れないため、
電圧2はほぼゼロになり、起電力がそのまま測定されます。
一方、モーターを動かす時は電流が多く流れ、
実際にモーターに加わる電圧はテスターの電圧よりだいぶ小さくなります。

アルカリ電池がダッシュ系の高性能モーターをうまく回せないと言われるのは
高性能モーターが大電流を消費し、内部抵抗が大きいアルカリ電池では起電力が大きく削がれることが理由です。

ということで、ダッシュ系モーターを使う場合は、電池のコンディションに注意しましょう。
あとテスターの電圧だけで複数の電池の評価をするとまずいっす。
起電力が一緒でも、内部抵抗に差があればモーターにかかる電圧は違うよ、と

変に数字に踊らされるよりそのとき走らせて確認するのが一番かもしれませんね。

 
ライキリを組む
CIMG0896.jpg

1月10日に発売した新製品、ライキリを買いました。
2013年に発売したアストラルスターに続く、
カーデザイナー根津孝太氏のデザインによるミニ四駆第二弾です。

実は2月のタカサキハンズの大会はライキリ限定ルールなので、
それに向けてとりあえず素組みしてみようってことで。


CIMG0898.jpg

箱とか製品ページの写真を見ている限りでは直線的なイメージの強かったのですが、
こうして素の状態のボディを見ると現代のスーパーカーっぽい曲面の美しさが印象的です。


CIMG0901.jpg

ライキリの一番の売りはこの新デザインのホイールではないでしょうか。
最近流行の形なので実車好きにはありがたいかも。


CIMG0902.jpg

サイズはこれまでのローハイトと一緒ですが、
前後輪のオフセットが異なる仕様です。
ライキリ以外の実車系に履かせると後輪がはみ出るのだろうか・・


CIMG0903_20150124001522037.jpg

CIMG0904.jpg

シャーシ・Aパーツはフェスタジョーヌ以降で標準になっているグレー系です。


CIMG0908.jpg

組み立てるとこんな感じ。
ホイールは造形が立体的なので近くで見ると良いのですが、
色合いが地味なので塗るともっと良くなるかも知れません。

横から見るとホイールベースが短いのが露骨に目立ってしまいます。
ミニ四駆の寸法的に仕方ない部分はあるとはいえ、うまく誤魔化しきれてない感も。
撮影のときはアングルに注意が必要そうです。


てことで、ライキリを簡単に紹介しました。
大会向けにいじらないといけないんだけど、ボディ・シャーシ加工禁止なので
セッティングをどうしようか色々と考え中です。。

そのうちここで紹介できればいいのかな。

 
タカサキハンズ&万台書店伊勢崎店
1月になって2回ほど大会に出てきました。


1/11 タカサキハンズ月例大会

新年一発目はタカサキハンズ。
最後に出たのも11月のタカハンだったので、約2ヵ月ぶりの大会でした。

DSC_0867.jpg

今回は「レブチューンPRO限定レース」ってことで、
いつものMA提灯を引っ張りだしてきたのですが、

ト、トルクが全然ない・・・(; ・`д・´)

とりあえず急ぎで小径ローハイトに変更するもバンクでめっちゃ食われる、
その割りにDBが入らないのでブレーキは落とせない、提灯重いけど外せない・・

てことで詰みでした。予選通過ボーダーが10ptのところを5レースで5ptしか稼げず敗退。
慣らしで20000rpm回ってたから油断してた。。しっかりテストランすべきでした。



1/18 万代書店 伊勢崎店

結婚して引っ越した先が万代伊勢崎から超近い物件だったということで、ここんとこ結構通ってた万代伊勢崎。
ただ大会自体は半年近く出てなかったので、どきどきしながら参加してました。

DSC_0873.jpg

レイアウトはこんな感じ。
ホームストレートで加速した後、写真左上のスロープ登りで飛んでストレート2枚に収まらず
コースアウトするパターンが多かったです。
しかしここを警戒してブレーキを強くすると後半のバンク→連続コーナーで減速しすぎるので
速く走ろうと思うと中々難しい。

DSC_0874.jpg

マシンはVSヒクオです。
HD3, 超速, タイヤ径は26ミリ。

万代伊勢崎の予選は3人で走って上位から2pt, 1pt, 0pt。
決勝進出のボーダーは6ポイントです。
3位になるとポイントが入らないので、みんなわりかし飛ばし気味。
置きに行った初戦は速度負けしてノーポイントでしたが、
そこから3連勝して無事に決勝進出を決めました。そこまでは良かった。。

決勝前に練習走行をしていたら、急にスロープ下りが入らなくなってしまいました。
特に直せるような所も無かったので決勝はそのまま出るも、案の定コースアウトして終了。

残りの時間でマシンを見てたら・・

DSC_0875.jpg

軸受けが割れとるやないか!
メインマシンが廃車になってしまいました。

まぁ半年くらい頑張ってくれたし寿命を全うしたってことで。
ありがとうVS。

サブマシンとして実験で色々やろうと作ってたVSをメインに回そうっと。