twitter

プロフィール

namecorn

Author:namecorn
CPU:Intel Core i5 2500K
Mem:DDR3 8GB
Video:ATI Radeon HD 6850
Mouse:DHARMA POINT DRTCM37BK
Pad:Razer Goliathus Speed
Keybord:Topre Realforce 91 UDK-G

カテゴリー

Link

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のコメント

監視カメラ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Neat! Neat! Neat!
ゲームとクルマとPCにまみれた日常のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マシンが遅い3つの理由
遅すぎ

なんとなく最近のブログメディア風のタイトルな上に時代遅れなネタ画像まで作ってしまった。
もうしばらくこんな悪乗りはやらないと思う。


さて、先日某所で初心者と思われる方に

「どうやったら速くなりますか?」

と訊かれてどう答えようか迷ってしまいました。
だってぶっちゃけ何もしてないし・・

いや、気付いてないだけで胸に手を当ててよーく考えたら
初心者が気付かない部分があるのかもしれない。


ってことで、マシンが本来の性能を発揮してない理由を3つ思いついたので紹介したいと思います。
中級者以上の方には当たり前のことなので、まぁ初心者に聞かれたときのアドバイスの参考として頂ければ、と。


理由1.ギアが死んでる

COでどっかぶつけた度にギアチェック推奨。・・はさすがに神経質過ぎるけど。
ギアって結構壊れると思ってるのは私だけでしょうか。
マシンがアレすぎるせいか1日に3個スパーが死んで泣きそうになった経験もあります。

注意するポイントは
・モーターピニオンの緩み
・片軸シャーシのピンククラウンギアの歯欠け
・プロペラシャフトの緩み
・スパーギア、カーボンクラウンの軸穴


DSC_1047.jpg

これの六角穴は見た目で分からないので要注意っす。
ギヤを手で押さえながらタイヤを回そうとしてカクっと回ったらアウト。即交換しましょう。


理由2.アルカリ電池

いや、パワーチャンプ速いっすよ。少なくとも俺のクソみたいな充電池よりは。
問題は速いモーターとの相性があんまり良くないっていうところです。
アルカリ電池は大電流を流すのが不得意なので、単純に速いモーターを本来の性能通りに回しきれませんし、
電気食いなので電池の一番最初のおいしい部分を一瞬で食いつぶします。
頑張ってHDくらいですかね。SD,PDはやりすぎ。
それでガンガン走らせるなら充電池買ったほうが経済的かもしれません。


理由3.モーターが死んでる

今は亡きハイパーダッシュ2はそれはそれは短命なモーターでしたが、
そうでなくても気付けば開封直後より元気が無くなってる事が結構あります
LD, 片軸アトミなんかの銅ブラシモーターは特に気を使ってあげましょう。
手で回してパチパチ言ってたらもう逝ってます。成仏させてあげてください。

コンディション確認にはモーターの回転数を計測するアプリが便利ですが、無負荷回転数しか測れないので、
(追記:負荷かけても測れるけど毎回一定で負荷かけるのはちょっと難しいよねって意味合いです)
トルク(モーターの力強さ)は空転時のタイヤにちょっと触ってみるとか
マシンを走らせて見てみるとか感覚頼みな部分が結構あります。
あれっと思ったら新品用意して比較するのが一番です。


以上、とっても当たり前なこと3点でした。
全部ぱっと気付ける事なんですけど、
それってきっと経験があるからそうできるんですよね。

まず調子が悪いかもしれないと思えること自体がすごく大事ですが、
そっから原因を自分で突き止めてみるのも大事な経験だと思うので、是非チャレンジしてみてください。

偉そうなこと書きつつ、実際はクラウン軸ガバガバなまま走らせて「計算したトルク抜けだ」とか言ってる私からは以上です。

 
スポンサーサイト
万代書店伊勢崎店 月例大会
万代書店 伊勢崎店さんの月例大会に参加してきました。



コースはこんな感じ。
ブレーキが弱いとスロープで飛びすぎて山の中腹のヘアピンに入らず滑落するけど
利かせ過ぎると山で減速しすぎる悩ましいレイアウト。
全体的に速度域は高めなのでTTからのLCジャンプもあなどれない。

マシンはいつものVSなので省略。

最近は決勝で速度上げすぎて飛ぶことが多いので
予選から電池の電圧をある程度意識することにしました。
HD3満充電だとまれに入らないので、8割くらいの速度に落とした上で更に置きに行く感じで。
LCジャンプの収まりはあんましよくないものの問題の山の登りはベタベタで入る感じでした。

予選はくじびきした順に出走して1位:2pt, 2位:1pt, 3位orCO:0pt、
5pt先取した18人が決勝に抜けます。


予選1走目、独走で1位2pt獲得
2走目は電池が垂れてるせいか3周目でさされて2位1pt。

2走目は速度負けしたとはいえここまでは想定通りの走り、ここまでは。

3走目は山の中腹でコースアウト、4走目は山の入り口のスロープでコースアウト。
5走目は前の前のレースで18人が出揃ってしまい走れず、予選敗退でした。

べったべたに置いてたはずなのに何でもないスロープで横向いて飛ぶという。
マシン確認したらフロントブレーキのフチが負荷かかったときにめくれかけてたんでこれが原因かなぁ。

普段と比べても相当気を使って調整してたはずなのによく分からん負け方して最悪でした。
まぁ伊勢万で納得できる負け方をしたことはほぼないんだけど。。



 
DKサーキット1周年記念大会
ミニ四駆専門店、DKサーキットの開店1周年記念大会に参加してきました。

今回は2部構成で、午前はフラット、午後は立体の大会が行われました。

DSC_1015.jpg

今日のマシン、立体用のいつものVSマンタレイとフラット用のネオファルコン(MA)です。
フラットのレースは久々の参戦でしたが、
時間が無かったのでしばらく前まで提灯乗っけて立体車として使っていたマシンを再利用しました。

CIMG0992.jpg

フラットのレイアウト。
写真だとバンクの裏に隠れてしまっていますがLCは立体です。

画面奥側のバンク下りからスタート、3周のタイムを競います。
30分おきに1回走らせ、上位3名が入賞です。

私は1走目は完走、残りの2走でコースアウト。
上位層が24秒台で入れてる中、唯一残ったタイムが26秒6くらいで完敗でした。
ピットが一緒だったフレンドのケンたん氏は見事2位獲得でした。
LCは筋肉でねじ込んだとのこと。いや、意味わかんねっす。

フラットやると自分がいかに遅いか分かって良いですね。
駆動も考えないとあかんなぁ

気持ちを切り替えて立体に望みます。

CIMG0993.jpg

フラットレイアウトからの組み換えでどこも着地が2枚以上ある高速レイアウトです。
中間部のチューリップがそのままなのでいかに平面で稼ぐかが肝かも。

予選はポイント制、1位2pt, 2位1pt, 3位&CO 0ptで、予選通過ボーダーは6ポイント。
予選通過+敗者復活枠で計18人が決勝に抜けます。

HD3+チョイ速、がっつりブレーキかけて垂らした電池で完走重視でいった結果、
速度負けしつつも1-2-0-2-1とポイントを獲得しなんとか決勝進出。

しばらくしたら決勝1回戦の相手が県内の色んな大会でマーシャルをされているSSKさん、
そして前々回大会の決勝・前回大会の準決勝で対決した因縁の相手のS川さんと判明。
俺んとこやけに知った顔ばっかりでやりにくいなと思ったら、なんとフレンドのことらさんが1枚かんでました。
DKCでは予選通過した順にトーナメント表の好きなところを選んで名前を書いていくのですが、
最初俺の名前しか書いてなかったところに2人を誘導した模様。
スタッフで忙しいからか今日あんまり絡んでこないなと思ったらこんな所で仕掛けてきました。
その後も「なめこさん倒して下さい!」とか言ってるの聞こえるし・・(笑)

2人とも油断できないので電池を上げつつリアブレーキを灰スポンジに変えて望んだ決勝1回戦は
1周目で宙を舞い終わっていきました。因縁のS川さんも仲良く散りましたとさ。

反省点としては予選でやってないことを決勝で冒険しても駄目ってとこですかね。
あとLCジャンプが全然真っ直ぐ飛ばなかったので修正したいっす


最後になりましたがDKC1周年おめでとうございます。
自分が大会に参加するようになったのは最近の話ですが
店長のドクさん始めいい大人が仲良くなじり合いながらミニ四駆を楽しんでる雰囲気がたまらなく好きです。
大会に参加する度、足りない所・勉強になる所がいっぱい見つかるので
全部吸収して2周年大会の頃には店長をぶっちぎりたいなと(笑)


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。