twitter

プロフィール

namecorn

Author:namecorn
CPU:Intel Core i5 2500K
Mem:DDR3 8GB
Video:ATI Radeon HD 6850
Mouse:DHARMA POINT DRTCM37BK
Pad:Razer Goliathus Speed
Keybord:Topre Realforce 91 UDK-G

カテゴリー

Link

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のコメント

監視カメラ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Neat! Neat! Neat!
ゲームとクルマとPCにまみれた日常のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARシャーシを作るの壱。とりあえず初心者はこれ作っとけ的なフルセットから
メインマシンで使ってるシャーシはVSで、まあ何かあるとすぐぶっ壊れるのが難点です。
そんなんでサブマシンはいつでも用意するようにしていて、
折角だからメインとはちょっと違う仕様で作るようにしているのですが
こないだ使ってたSFMにちょっと限界(メンテの面倒見きれない的な意味で)を感じたので、
もうちょっと楽そうなARに切り替えてみようかな、と。

それで作ったのが先日のGNMV走行会で使用したバックブレーダー。
JC2015東京1のオープン優勝マシンが割とシンプルなセットだったのと
スターターパック発売もあったので
とりあえず初心者向けのフルセットってどんなもんだろうってので組んでみました。

初心者でキット買ってきたけどこれからどうしようみたいな人がこれを見てるとは思えないけど
知り合いがミニ四駆始めたみたいな人が参考になれば幸いです。


CIMG1003.jpg

CIMG1013.jpg

CIMG1012.jpg

色を合わせたかったのと手持ちの都合でローラー等々で限定パーツが入ってますけど
全部同等性能のパーツが普通に売ってるからご勘弁を。

前後バンパーはARファーストトライ(もしくはスターターセット)に付属のFRPプレート、
前ローラーは13ミリ2段アルミベアリングローラー。後ろは13mmオールアルミベアリングローラー2セット。
後ろは19mmプラリング付アルミベアリングローラーがいいんだけど、強度考えたら13mmかなとも。
前ブレーキはアンダーガード、後ろはARブレーキ。
ARサイドマスダンと後ろは普通のマスダンパーですね。
軸受けに高いベアリング仕込んでますけど脱脂しないならキットのそのままでもいいんじゃないっすか(適当)

あとホイールの抜け防止ってことでシャフト貫通してます。
その辺は最初のうちは付属のを普通に使うのでいいんじゃないかな。曲がったら強化に交換つーことで。


で、同等品を作るといくらくらいになるか見積もってみました。値段は税込み

・ミニ四駆スターターパック ARスピードタイプ 2160円
・ライトダッシュモーター 410円
・フロントアンダーガード 388円
・2mm キャップスクリューセット (25mm・30mm) 583円
・2段アルミローラーセット(13-12mm) 972円
・13mmオールアルミベアリングローラー 648円 x2
・アルミスペーサーセット(12/6.7/6/3/1.5mm) 280円
計 6089円


ローラーを後回しにすれば大体4000円くらいで作れるのではなかろうか。
スターターパックに色々含まれててお得なのがでかい。

で、走りはどうなんかというと、まあそれなりに良く走ります。
基本的なレイアウトなら十分楽しめるのではないでしょうか。

ただデビュー戦が低速立体だったので散々な目に遭いまして、
その辺をどう修正するのかを今後書いていけたらいいのかなと。

 
スポンサーサイト
GNMビクトリーズ 走行会
数ヶ月前・・

ばろんさん 「チームの走行会を開催するので、ご都合合いましたら是非」
俺 「(予定空いてたかな、えーっと・・・)」
ばろんさん 「なおダンガンもやる予定でs」
俺 「行きます(即答)」

ということで、県内某所で開催されたGNMビクトリーズさんの走行会に参加させて頂きました。

DSC_1094.jpg

GNMビクトリーズは群馬県を中心に活動しているミニ四駆チーム。
「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」関係のマシンを原作カラーで使用するという
レツゴ愛に溢れたチーム内ルールが特徴的です。

CIMG1003.jpg

ということで、この日のためにビクトリーズ仕様のマシンを用意しました。
少し前に発売されたポリカボディを使用したARバックブレーダー。
時間が無かったのと初心者レーサー向けのデモカーを作ってみたかったのもあり、
ファーストトライ+αでホイール貫通以外はボルトオンという仕様。


CIMG1023.jpg

コースの写真は規模がでかくて遠巻きになってしまったw
会場は会議室2部屋ぶちぬきでめっちゃ広かったです。

今回はジャパンカップ2015の勉強会を兼ねているとのことで、
ハイパーダッシュサーキット2015の模倣レイアウトでした。
本家同様画面奥のプラウドマウンテンが猛威を奮い
完走率は滅茶苦茶悪かったです。
更にモヒカンストレートも勿論完備。プラウドをブレーキで押さえようとするとモヒカンで停止することになり
これが「モヒる」と呼ばれてその日の流行語となりました。


レースは午前、午後の2部構成。
いずれも予選はポイント制、決勝は12人でのトーナメント戦でした。
4走してポイント上位12人が決勝に進み、決勝はタイマン2回のち、3人で優勝決定戦とのこと


・午前の部
全部飛んだ。
マーシャルに入った時に飛んだマシン拾おうとしてコースを倒すオマケ付でした。申し訳ない。


ただ、そんな私の心の傷をコレが癒してくれました。

DSC_1089.jpg

ダンガンレーサー!
レースはしなかったのですが、ミニ四駆の合間に有志で集まってワイワイ遊んでいました。
ダンガンをリアルタイムで遊んでなかった方が殆どだったので、
「ダンガンって思ったより楽しいな!」的なリアクションを頂きダンガン世代的にはうれしかったですw

CIMG1015.jpg

今回用意したのはスティンガージャック。
弄り方忘れてるのとボディ加工までやりたくなかったので簡単なチューンにとどめていますが・・・

CKRsvvSUwAAEYox.jpg

モーター部分が赤く光ります!
ヒートシンクを付けてLEDの光を反射させました。
なお、当日は銅線が断線して機能しなかった模様


・ミニ四駆のレース 午後の部
午後も2戦までバックブレーダーで参加して2回飛ぶ。。
さすがに心が折れかけたので、結局いつものVSにバトンタッチ。
残りの2走中1回完走して3ポイントを獲得。
決勝進出枠は4ポイント以上の選手が9人いたため、
残りの3枠をかけ、3ポイントの選手6人で1on1のプレーオフが行われることに。

で、こんな大事なタイミングで、モーターが死んだ
よりによって手持ちで一番遅いレブだったため、変えると飛ぶ気がして仕方ない。時間もない。
・・・まぁいっか死んだままで

半ば流されるまま置きに行った結果、相手のCOに救われて決勝進出できました。なんか申し訳ない。

さすがにこっから先は新品のレブ2に変更、電池を垂らして望んだむらさきさんとの1回戦は無事に速度勝ち。

準決勝の相手はKONDOさん。
毎回綺麗な走りで完走されていたので、これは運ゲーに持ち込むしかないと電池を上げて案の定3秒で飛ぶ。
というかそこまで並んで走ってたのを考えたら普通に完走しても速度負けだった気がする。うーん強い。

優勝は決勝でも質の高い走りを見せていたKONDOさんでした。
流石だった。見習わねば。


ということで走行会お疲れ様でした。
チームの走行会には始めて参加しましたが、雰囲気がとても良く盛り上がって楽しかったです。
リーダーとして会をまとめて下さっていたばろんさん、MCのボンさん始めチームの皆様には大変お世話になりました。
折角作ったバックブレーダーがあまり活躍しなかったのは残念でしたが、それは今後の課題ということで・・

 
郵便振替でカスタマーサービスを利用する
超速ギアの黄色いスパーギアをよく壊していたら、ついに在庫が尽きてしまいました。
これまではGUPの超速やらチョイ速やらをちまちま買っていましたが、
高いし無駄に丸穴ベアリングが溢れ返るしでなんかもったいない。

ということで、初めてカスタマーサービスでギアを注文してみましたので、
これを例に利用方法を解説していこう、という記事です。
タミヤのカスタマーサービスのサイトを見て頂きながらだとスムーズだと思います。


・何を注文するか
注文に必要なのは部品が入っている製品のITEMナンバー、製品名、部品番号、部品名です。
DSC_1076.jpg
キットの最後のところの部品一覧を見ればOKです。
古いキットの場合は料金に8%の消費税を乗せましょう。
なお、部品のみ発注の場合は送料が無料です。ありがたいっす。


・注文方法をどうするか
カスタマーで部品を注文する方法はいくつかありますが、
メール、電話での注文は代引き支払いのみで、代引き手数料がかかります。
現金書留は郵便料金、定額小為替・郵便振替も手数料がかかりますが、
部品発注だと小額の注文になる場合が多いので、
手数料の比較的安い為替、郵便振替がお得かと思います。
で、今回は比較的手続きが楽な郵便振替で発注しました。


・郵便振替を利用する
郵便局のゆうちょ銀行の窓口の他、一部のATMでも利用可能です。
備え付けの払込取り扱い表にタミヤのサイトの記入例を元に書き込みましょう。
ATMでの送金方法はこちらを参考にしました。
ATMだと手数料が80円のほか、窓口が閉まってる時間帯でも利用できるのが良いです。


・到着を待つ
大体1週間程度で届くとのことで、今回は日曜に発注して9日後に届きました。
(佐川の手違いで1日遅れたみたいですが)
DSC_1075.jpg

注文した部品、納品書(兼請求書)、新製品案内と夏の見学会の案内まで付いてきました。

DSC_1074.jpg

更にカスタマー発注専用の払込取り扱い票まで頂きました。これは便利。
次からこれで発注します。

GUPの超速ギアが240円(税別)に対して、
カスタマー発注の場合は丸穴・ギアシャフト無し&ピンククラウンギアがついて180円(税別)。
振替手数料を考えても、3個以上買えば値段は逆転します。
スパーの在庫確保ついでにピンククラウンが付いてラッキーみたいな今回の場合はこっちのがお得でした。

でも昔はAOパーツでカウンター+スパー+ギアシャフトが100円で売ってたんですよね・・
普通にキットについてくるんだからGUPじゃなくAOで売って欲しいのが本心です。

 
DKサーキット月例大会
DKサーキットの月例大会に参加してきました。

DSC_1071.jpg

数日前まで雨の予報でしたが当日は天気が崩れることもなく、今回も外で開催できました。
写真だと分かりにくいのですが、画面中央左よりの奥側にLCジャンプ→着地2枚が難所でした。


DSC_1072.jpg

今回はVSよりも全体的にジャンプが低かったSFMバイパーを投入。

予選通過ボーダーは8ポイント。1位2pt, 2位1pt, 3位&コースアウトで0ptです。
参加人数に対して予選通過人数が多いため、堅実にいけば決勝には進めるだろうと思いきや、
速度負けしたりコースアウトしたりで決勝抜けがちらほら出始めるまでに獲得できたのはたったの2ポイント。
更にペラシャが緩んで後輪の駆動が抜けてる事が発覚。これはあかん。。。


DSC_1073.jpg

ちゅーことでVSにバトンタッチ。先週からシャーシだけ蛍光イエローに変更してます。

とりあえず完走を目指す方向でセッティングを決めた結果、なんとか勝利を重ねてリーチまできました。
この時点で決勝参加者は残りは2人。
更に手前でみやさんが抜け残り一人となり、タカハン勢のIさんと最後の枠をかけて1対1の勝負に。
今日一番かというレベルの競り合いの中、最終コーナーでまくって最後の決勝進出者になりました。熱かった。


決勝1回戦、2回戦は1on1, たしか微妙に先行されつつも相手のCOに助けられて勝ち残っていき、
(予選通過の段階で舞い上がってて記憶が定かでないです)
あれよあれよと優勝決定戦へと駒を進めてしまいました。

決勝の相手はケンビシさんと連覇がかかった店長のドクさん。
2人とも俺より速いのは明らかだったので、今更速度を上げる事もせず成り行きに身を任せる方向で。
決勝は6周勝負なので、例のCOポイント、LCジャンプを2回通ることになります。
案の上置いてかれた上に1回目のLCジャンプで2人が残ってこれはあかん・・・と苦笑いしてたら
まずケンビシさんが飛んでドクさんもコースアウト。

優勝いただきました(;・∀・)


全然完走できず予選通過すら危ういところから優勝というウソみたいな1日でした。
速いセットでもなんでもないし相当運に恵まれた所はありましたけど
序盤に全く上手くいかなかった分、完走重視という方針がぶれなかったのが勝利に繋がった気がします。

序盤が低調だった原因はSFMを使ってた事かなと。
実は二週前に壊れて昨日修正したものだったのですが
普段から使い慣れてないシャーシを確認もなしに実戦投入したせいで
速度は伸びない上にギアは緩むわでまあ大変でした。
古い世代のシャーシは変な問題が起こりがちな分、それに対応できるだけの経験が必要だなあ。


次回、というか今月は1週目にして店舗レース参戦は終わりかな、と。
来週はのんびり色々作るつもりですが、暇を見つけて伊勢万あたりでこっそり遊んでるかも知れません。

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。