twitter

プロフィール

namecorn

Author:namecorn
CPU:Intel Core i5 2500K
Mem:DDR3 8GB
Video:ATI Radeon HD 6850
Mouse:DHARMA POINT DRTCM37BK
Pad:Razer Goliathus Speed
Keybord:Topre Realforce 91 UDK-G

カテゴリー

Link

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のコメント

監視カメラ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Neat! Neat! Neat!
ゲームとクルマとPCにまみれた日常のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニ四駆GP2016 NEW YEAR 東京大会
品川シーサイド オーバルガーデンにて開催された
ミニ四駆の公式大会に参加してきました。


会場入りしたのは8時半前。
既に受付は開始していて、そこまで待たずにエントリー完了。
ジャパンカップは同じ時間に行って一時間半は待ったからなあ(遠い目)



それでも受け付け番号は2000番を越えました。
くっそ寒いのにみんなよく来るな。。

当然午後の出走なので、朝飯食ってDKCピットに顔出してから秋葉原へ。
ゲーミングマウス高ぇなおい(冷やかし)


昼過ぎに会場に戻ってマシンの準備を始めます。

今回は東京在住の学生時代からの友人との参加です。
お互い仕事してると長期休暇以外で中々会う機会が無いので
ミニ四駆が良いきっかけになってくれました。


さて、今回のコースがこれ。
手前から30度、45度とバンクが続き、
最後に60度のレーンチェンジが入るという登り坂祭りのレイアウトです。

2016012520000530a.jpg

坂を意識してブレーキを上げると牙を向くのがこのドラゴンバック。
長いホームストレートでフル加速してから突っ込んでくるので、結構な飛距離になります。
見ている限りコーナー手前の坂の入り口より先に飛ばすとアウトな印象でした。

そんなこんなで挑んだ一次予選は…



無事に通過。
スタートで先行してからそのままぶっちぎっての勝利でした。
バンクもそんなに食われず、タイムも大体31~32秒とまずまず。
今回は行けそうな気がする…!

なお、連れはその直後に出走、
完走はしたものの速度負けで3位でした。
前回はフライングした後に仕切り直しでタイヤが外れての敗退だったから随分成長したと思います(^o^;)


二次に備えて動画を見返したら飛距離は思ったより余裕がない感じ。
電池を一次と同じタイミングで充電していたものに換えて、速度的にはそのままの意識で望みました。

スタート直後は全車ほぼ横並び。
スロープを越えた辺りからも先頭争いに残っていましたが
バンク大外→60度チェンジャー通過で一旦出遅れ4位で一周目を終える。
二周目を終えた所でまだチェンジャーを越えてないマシンと二位争いをしていたので
そのちょっと先にいる、現状チェンジャーを越えてない一位のマシンとトップ争いをしていることに。
しかし、これはいけるぞ…と思った矢先、
三周目のドラゴンバックが収まらずコースアウト。


動画見返したら完全にジャンプの距離が長すぎでした。
同じ電池だと思ったけど微妙に速かった模様。


シードもないので今日のレースはこれにて終了。
速すぎるマシンに先行されることもなく、久々に速度で戦えていたことと、
タイヤ新調の効果かジャンプを真っ直ぐ飛べていたことが収穫でした。
やっぱ要所要所の精度は大事やで。


帰りがけに池袋のミニ四駆バー、DRIBARさんにお邪魔してきました。
楽しいレイアウトでタイムアタックも出来ますが上位10人のタイムが書かれたボードは更新できず。
トップのしとさまさんとは1秒近く差がありました。これがチャンピオンズの力か…!

ということで久々の東京遠征は楽しく過ごすことが出来ました。
当日お会いしたDKCの皆さん、そして1日付き合ってくれて赤ブレーキも貸してくれたみなと君には感謝です。

次回はDKCの月例大会に参加しようと思ってます。
またしばらく3レーンの大会が続きますので、ホームコースでしっかり練習したいところです。
スポンサーサイト
都市作成シム「Cities:skylines」をはじめる
ごく稀に出てくるミニ四駆以外の話題。

header.jpg

某ダウンロード販売サイトの年末セールで入手した「Cities:Skylines」にハマってるので紹介しようと思います。
名前の通りの町造りゲームです。

このジャンルで一番有名なのは「シムシティ」シリーズですが、
2007年に出したシムシティソサエティーズ以降は路線変更が悪い方向に働き従来のファンが離れていきます。

本家のシムシティが失墜した中で、似たような都市建設シムが色んな会社から発売されましたが、
その中でも特に評価が高かったのが「Cities:Skylines」でした。
このゲームの売りはとにかく「これまでのシムシティの進化版」に徹していること。
特にシムシティ4で大きな魅力となっていた「巨大なマップを自由に開発する」楽しみが見事に再現されています。

WS000649.jpg

後発のゲームらしくプレイ感覚はこれまでのシムシティとほとんど一緒。
「商業・工業・住宅」の3種類の地域を割り振りながら街を開発していきます。

ただこのゲーム、とにかく難易度が低いというか、
思い通りの街を作ろうとする上でストレスになる部分が少ないのが特徴です。
特に金銭面での苦労が殆ど無い。
シムシティで黒字化のために必死に金策を考えてたのが嘘のようです。

WS000651.jpg

新しい事をするためのハードルもめちゃくちゃ低くて、
ある程度街が発展すると新しい地区を購入できるようになる仕組みなのに
街の発展より買える土地の方が多すぎて持て余したりとか。

そのほか、街の再開発で道路などを取り壊す場合もお金が一部戻ってきたりとか
病院など自分で建てた施設は建て直すより安く移転が出来たりとか。
とにかくやりたいように作って気に入らなかったら建て直せば良い、という気楽に楽しめる造りが嬉しいです。

WS000648.jpg

グラフィックに関しては本家シムシティ(2013)の方がミニチュアの街を弄ってる感が強くて好みなものの
Cities:Skylinesは圧倒的に街が広く、一度に発展していく様は見ごたえがあります。


WS000652.jpg

シムシティに無い部分で個人的に気に入ってるのがこれ。
バスと電車の路線(停車場所)を自分で設定できます。
住宅地を走らせて見たり、駅とオフィス街を結んでみたり。


WS000646.jpg

そんな感じで現在人口2万人弱まで発展しました。
人口に応じて様々な施設がアンロックされていくので、これからが楽しみです。
100万都市達成までは頑張ろうと思ってます。

 
ファーベル伊勢崎 月例大会
新年2発目はファーベル伊勢崎の大会に参加してきました。



レイアウトはこんな感じ。写真撮り忘れた。
いつもよりちょっと低速よりなレイアウト。
画像下側のスロープと、上側のコブセクションの着地が難所でした。

DSC_1351.jpg

マシンは先々週のDKCから
・タイヤの作り直し
・リアブレーキをカーボンに変更
でマイナーアップデートしました。
直カーボン再販して半年くらい経ってからやっと作る当り本当に手が遅い。。

予選はポイント制、1位から3, 2, 1pt, コースアウトは0ptで割り振られ
先に9ポイント取った12人が決勝に進出です。

大事な1走目はドラゴンバックの収まりが悪くコースアウト。
更に2走目もスロープで乱れてCO。これはあかん。

3走目以降はなんとか3連続でポイントを取ったものの
微妙な差で速度負けが1回あって計8ポイント。
決勝進出ボーダーまであと1ポイントに迫るも、この時点で決勝の残り枠は2人。

運が試される出走順のくじびきは・・・・14番(白目)
皆飛んだり意外と引っ張ったものの出走1個前の組で残り枠が埋まってしまいました。お疲れ様でした。


・反省点
前ブレーキで芝とバンクを意識する余り緑スポンジしか頭に無かったのが一番ダメでした。
すぐ剥がれるかと思ったけど意外と赤でいけた。厚みもあって便利なので積極的に使っていこうと思います。
タイヤのグリップが上がったせいかブレーキ低めでもバンクは登ってたので高さもちょっと考え直そう。
そしてブレーキバランス変えたら挙動ちゃんと見て提灯の硬さを見ないと。。

走りこんで確認したいことが色々出てきましたが次回は5レーンの公式大会。
品川に行って高専時代の同期と遊んできます。

 
DKC月例立体大会
新年一発目はDKCの月例大会に参加してきました。

DSC_1345.jpg

今日のレイアウト全景。
アイガーがあるとはいえ、一見高速レイアウトのようですが・・・

DSC_1343.jpg

DBの着地後にラジ四ジャンプが・・・w
ブレーキセットで挙動が大きく変わるため、アイガーとのバランス取りが求められます。


DSC_1344.jpg

前回のマシンからシャーシだけ新調しました。
タイヤも作り直したかったものの時間が無かった(;´Д`)
スラダンも歪んでたので前後リジッドに戻し、だいぶシンプルな仕様になりました。
周りはHDで入れてるマシンもちらほらいたのですが、完走率は割と悪かったので
一気にアトミ2まで落として望みます。


今回の大会は前回と同じく勝ち残りのヒート制。
6ヒート実施して各ヒートの優勝者が決勝レースに進みます。

・1ヒート目
相手が先行するもCO、俺はそのまま残って勝ち進むという典型的ななめこスタイルの勝ち方で決勝まで進むも、
子供2人にぶっちぎられて3位で敗退。辛いw

DSC_1346.jpg

ちなみに2次、3次に勝ち残ると公式大会で貰えるシールに似ているDKCオリジナルチケットが配られます。
これはテンションがあがりますね。


・2ヒート目
1ヒートで減った分よりちょっと足す感じで充電して望んだ結果、
なめこスタイルが効きまくって見事ヒート優勝


以降のヒートは決勝を見据えて速いセットを見つけることに注力するも、
中途半端にブレーキをかけるとラジ四ジャンプで前転、逆に緩めるとアイガーが収まらず苦戦します。
結局モーターをLDに上げつつもブレーキをガッツリ効かせるという
速くしたいのか遅くしたいのかイマイチ分からないセットで決勝トーナメントを戦います。

決勝トーナメントは1対1の準決勝から。
DKC常連のサーキさんとの対決は序盤でサーキさんが飛んで決着。
後半は電池垂れ放題でベタベタに収まって安定の勝利でした。

流石にちょっと遅すぎたので電池を上げて挑む決勝戦は
1ヒート目決勝で当たったジュニアチャンピオンと後半ヒートで無双されていたオープンの方との対戦。
速度で負けてた上に飛んじゃいました(;´Д`)


DSC_1347.jpg

ということで今回は3位でした。
なお優勝はジュニアチャンピオン。
1ヒート目決勝と同様に処されてしまいました。

・はんせい
序盤のヒートで荒れてる間に決勝進出を決めたのは大きかったです。
ただ、序盤に出した高めのブレーキセットでは後半につれて上がってきた速度域に対応しきれず、
再度レースの中でセッティングを合わせ直す形になったのは失敗でした。
とはいえ今まで苦手だったヒート制の大会で結果を残せたのは嬉しいなあ。

新年一発目からいい感じのスタートを切れました。
この勢いのまま1年過ごせるように頑張りたいっす。

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。