twitter

プロフィール

namecorn

Author:namecorn
CPU:Intel Core i5 2500K
Mem:DDR3 8GB
Video:ATI Radeon HD 6850
Mouse:DHARMA POINT DRTCM37BK
Pad:Razer Goliathus Speed
Keybord:Topre Realforce 91 UDK-G

カテゴリー

Link

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のコメント

監視カメラ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Neat! Neat! Neat!
ゲームとクルマとPCにまみれた日常のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べんく
BenQの120Hz液晶、XL2410tが発売になりました。

ゲーム用途だと液晶ディスプレイは遅延やら残像感やらでCRTに全く及ばないのですが
流石に新品でCRTを見かけることも無いし、液晶のが設置しやすくて便利だし
ってんでゲーム用途に耐えられる性能の液晶の需要があるわけです。

そこで近年登場したのがリフレッシュレート120Hzの液晶です。
元々3D表示(右目用と左目用の画面を出すからそれぞれが60Hzになる)のためだったと思いますが、
普通に120Hzで表示すれば映像の残像感が減るということで人気になりました。

しかし問題になるのが画面解像度。1920×1080の解像度でしか120Hz表示を実現できないため、
俺のように800×600など他の解像度に落としてプレイしている連中はその恩恵を受けることができない。


それが、SpawnやらHeatonやらのCSのプロゲーマーと共同開発したXL2410tでは
他の解像度でも120Hz表示を実現することができ、
更に他のサイズのディスプレイと同等の面積に表示できるモードなどの機能も入っているということで
ゲーム用液晶の中でも(特にFPSゲーマーにとっては)大本命といった感じ。


問題は4万円もすることですね!
今使ってるCRTが逝ったら買うことになりそうですが
この性能の液晶が他社からもボンボン出てきて価格競争されることを願ってます。

 
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takrefuge.blog65.fc2.com/tb.php/1123-592f5da9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。