twitter

プロフィール

namecorn

Author:namecorn
CPU:Intel Core i5 2500K
Mem:DDR3 8GB
Video:ATI Radeon HD 6850
Mouse:DHARMA POINT DRTCM37BK
Pad:Razer Goliathus Speed
Keybord:Topre Realforce 91 UDK-G

カテゴリー

Link

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のコメント

監視カメラ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Neat! Neat! Neat!
ゲームとクルマとPCにまみれた日常のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胸中えらく大騒動
お正月。ちょっとは財政が良くなったし
ゲームをやっててちょっと力不足になることが多かった事もあってグラボを交換することにしました。


radeon01.jpg

てなわけでMSIの R6850 1G OC を購入。

その名の示すとおり、 AMD RadeonHD 6850 を搭載したグラフィックボードです。
Radeon HD 3850からの交換なので実に3世代新しくなったことになります。

Radeonのx800番のボードは「中の上くらいの性能で2万前後の価格」という設定だったのに対して
先代の5850、5870は性能も良かったけど価格がも上がり、どっちかっていうとハイエンド寄りでした。

そこで先代から性能を据え置き(若干下がってるけど)にして
定価と消費電力を下げ、カード長も短くして全体的に扱いやすくしたのがこの6850,6870ということになります。

しかし実際に購入した元日の段階では、先代の5850は処分価格になっていたので
むしろ5850の方が「価格が数千円安くて性能も若干上」といった感じに。

お金もないし色々考えたんだけど
最終的にケースがSOLOで長いグラフィックボードが扱いづらい事と
補助電源が一本で済むことを考えて6850を選びました。
一応5850比で性能が低めなことを気にしてオーバークロック仕様にw


radeon02.jpg


さっそく開封。でっかいファンが印象的ですね。
反対側はヒートパイプが渡っていて割と仰々しいです。


radeon03.jpg

3年間も256MBのVRAMで頑張ってくれた3850くんとご対面。
3850は1スロット仕様なので薄っぺらくみえます。


radeon04.jpg

上から見ての比較。
乗っかってるクーラーでみると長さはそれほど変わらなく見えますが
基盤の長さは6850の方がだいぶ短いです。
これで性能は倍なんだからひとえに技術の進歩ですね。えぇ話やでほんまに(´Д⊂ヽ


さてさて、長さが問題で5850を回避して6850にしたのですが、

実はグラボを挿す段階で 厚さが問題になってしまいました

まずは交換する前のケース内部の画像を見てください。

radeon06.jpg

見づらいですが黄色い○の部分にSATAコネクタがあり、
HDDやDVDドライブから伸びてきたケーブルがつながっています。


さて、6850にしたときにどうなったかというと、


radeon05.jpg

(;゚Д゚)<さ、SATAさんがぁあああー

コネクタがでっかいクーラーと干渉して見事に半分潰されました

SATAボード買ってきて増設すればいいだけの話だったのですが、
これで色々トラブルが発生して丸2日潰したのはここだけの話。


そのときの事については話すと長くなるので後にして
まぁなんとか復旧したのでベンチのスコアを比較してみようと思います。

ドライバのバージョンは3850が10.9、6850が10.10
主なスペックは以下の通りです

CPU: Athlon 64 X2 5600+ (1MB*2)
MB: MSI K9N Neo-F V3
Mem: DDR2 800 1GB*2 (合計2GB)
OS: Windows XP Professional 32bit

メディアで取ってるベンチは基本的に「その他の性能を最大にして純粋にGPUの差を比較」しているのでしょうけど、
うちのPCのCPUは現在のローエンド未満の性能なので、
「ローエンドの構成からGPUだけ性能を上げてどれだけ通用するか」みたいな感じになってます。

あとOSがXPなのでDirectX9でしか比較できないですw

左が3850、右が6850のスコアになります。

3DMark 06
8898 → 11173

ゆめりあ(1024*768最高)
51104 → 108058

FF14(人間女 Low)
1788 → 2182

バイオ5(ベンチ2 デフォ設定)
rankC → rankC (FPSメモり忘れた)

タイムリープ(デフォ)
48FPS → 72FPS


ゆめりあが顕著に倍近いスコアをたたき出してます。
評判通り純粋にGPUの性能が出せてるみたいです。さすが世界のペドフィリアベンチ

逆にバイオは殆どスコア上昇が見込めなかったです。CPUのボトルネックかもしんない。
しかしながらCPU重視だと言われるFF14ベンチでさえスコアが上がっているので、原因が他にあるかも。
後でドライバを更新してもっかい挑戦してみようと。

3DMarkなんかは他のレビュー見てるとスコアがもっと高いので完全にCPUが足引っ張ってることに。
CPUテストが含まれてるから仕方ないっちゃ仕方ないんだけど。。

そんな訳でベンチの結果はあまり芳しくないですw


Borderlands、L4D2、Killing Floorあたりを試しに動かしてみた感じでは
ふつーに30FPS前後から60前後まで上がってて、高負荷設定にしても落ち込みがなく
快適プレイできています。

ただあんまし人がいないところでやってたので、そういったCPU負荷が高い場面でどうなるか、
あとドライバ更新してどうなるかとか、もうちょっと時間がたってから報告してみたいと思います。


すげー長い割に内容が薄くなってしまった。
最後まで読んでくれた人はお疲れ様。
ここまで書いた俺もお疲れ様(笑)


 
関連記事

この記事に対するコメント
作業乙!!
ベンチお疲れ様!!

次買うグラボ参考にしてみる!

自作はオワコンなんて言わせない(`・ω・´)



やっぱりCPUがry
【2011/01/06 11:52】 URL | ひび割れ #- [ 編集]


大変だったんだぜ・・・w

CPUはアレだけど思ったよりは効果が出てて嬉しいね!
【2011/01/07 20:46】 URL | なめこ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takrefuge.blog65.fc2.com/tb.php/1138-d4236581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。