twitter

プロフィール

namecorn

Author:namecorn
CPU:Intel Core i5 2500K
Mem:DDR3 8GB
Video:ATI Radeon HD 6850
Mouse:DHARMA POINT DRTCM37BK
Pad:Razer Goliathus Speed
Keybord:Topre Realforce 91 UDK-G

カテゴリー

Link

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のコメント

監視カメラ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Neat! Neat! Neat!
ゲームとクルマとPCにまみれた日常のブログ
Artisan 飛燕 Value Edition なるもの
hien01.jpg


国産メーカー「ARTISAN」のゲーミングマウスパッド、
飛燕 Value Edition(以下、飛燕VE) を購入して1週間くらい経ったのでレポしてみる。

参考までに俺が今までに使ってきたマウスパッドの遍歴は
Steelseries QcK → ZOWIE GEAR P-TF → ZOWIE GEAR SWIFT → Razer Goliathus Control
となっていて、「SWIFTは良かったけどソールが削れて維持費がかかるので滑る布が欲しいかな」って考えの人です。
マウスはMicrosoft Intellimouse Explorer 3.0にHyperglide MS-3を履かせています。
メインでプレイしてるのがSuddenAttackで、ゲーム内センシは5。
180度振り向くのに20-30cmくらい振るのかな?
マウス加速するゲームみたいなんで正確に測ったことが無いです。


えっと、この「飛燕VE」を簡単に説明すると、
元々ARTISANが販売している「飛燕」(以下、通常版)という布製マウスパッドをベースにして、
省けるものを省くことによって価格を抑えた仕様の製品だそうです。


hien02.jpg

パッケージ裏面にはこんな感じで注意書きが書いてありました。



hien07.jpg

開封してマウスを乗っけた図。
Mサイズを選びましたが、QcKとかSWIFTより縦が小さいです。
SAをローセンシ寄りでプレイしててはみ出した事は無いけど、なんとなく不安を覚える奥行きです。


hien03.jpg

表面を接写。
パっと見で分かるようにQcKとは全く違ったザラザラとした表面になっていて
布のマウスパッドとしては極端に摩擦係数が少ないのが特徴です。

初動が軽いといわれるゴライサスコントロールからの移行ですが、飛燕の方が軽いですね。
軽すぎてAIMが安定しないという逆にとんでもない事態に陥ってますw


hien04.jpg

そして裏面。
通常版の飛燕は全くズレないらしい滑り止めシートを採用しているのですが
Value Editionでは、それとは別の種類の滑り止めとなっています。
それでもうちの環境ではズレを全く感じませんでした。
まぁズレまくることで有名なTFもズレなかったんだけどねw


hien05.jpg

右下には「飛燕」のロゴが。
シンプルで主張してないので良いとおもいます。


hien06.jpg

表面層が飛燕と同様のアムンゼン織地であるZOWIE GEAR P-TF(下)と比べてみる。
写真からだと似たような表面に見えますが、ゴワゴワしたTFに対して飛燕VEはザラザラとした感触です。
初動は飛燕のが軽くて止まりはTFの方が良い感じ。
布パッド独特の沈み込み感は飛燕VEの方が強く、やわらかい印象を持ちます。
VEは通常版飛燕のSOFTよりもやわらかいらしいので、通常版ではTFにより近い感覚かもしれません。

あとVEはフチの処理がイマイチでマウスケーブルの折れ目がパッドの隅によく引っかかります
マウスバンジー使うとか、環境によっては取り回しに注意が必要です。
通常版ではちゃんとエッジが処理されているみたいなのでこういう問題は起こらないかと思います。

こういう面を考えるとTFからの買い替えとしては通常版飛燕のほうがいいのかも。
高コストパフォーマンスを期待してVEを買うと違和感とかネガが出てくると思います。
逆にVE独特の感触が気に入る人もいるとは思いますが。

ZOWIEのTFはマヨネーズをかけても水で流せば綺麗になるとんでもないパッドでしたが
飛燕が同様に汚れに強いかどうかは試したくないなぁw



先述の通り、滑りすぎてAIMが安定しないというか
初弾でのHSは増えたものの撃ち合いになったときにバーストでの胴撃ちが当たらなくなったので
使えるパッドかはまだ慣れてみないと分からない部分もあると思いますが
どっちにせよ貧乏性なので使い倒しますw


関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takrefuge.blog65.fc2.com/tb.php/1161-732b3d9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)