twitter

プロフィール

namecorn

Author:namecorn
CPU:Intel Core i5 2500K
Mem:DDR3 8GB
Video:ATI Radeon HD 6850
Mouse:DHARMA POINT DRTCM37BK
Pad:Razer Goliathus Speed
Keybord:Topre Realforce 91 UDK-G

カテゴリー

Link

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のコメント

監視カメラ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Neat! Neat! Neat!
ゲームとクルマとPCにまみれた日常のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニ四駆界隈は景気がいいので毎月何かしらの新製品が出ます。
で、どうせ毎回買ってるんだからついでにそれを紹介したら更新ネタになるんじゃないかと。

レビューってほどしっかり書く技術も知識もないので、紹介くらいの扱いでとりあえず初めてみよう。

DSC_0509.jpg

で、今回は5/31(土)発売のローラー用 13mm ボールベアリングセットⅡを扱います。

名前の通りローラーとして使える直径13mmのボールベアリングですが、
Ⅱと着いてることから分かるように、従来の製品のモデルチェンジ版です。

DSC_0510.jpg

付属品に関しては従来製品と同様で、ビスとスペーサーです。
スペーサー径も5mmで従来と一緒。520も圧入できるんじゃないでしょうか。

DSC_0512.jpg

13mm径でベアリングを使ってる手元のローラーを並べてみました。
左が初代の13mmベアリングローラー、右が今回の13mmベアリングⅡ、上は13mmオールアルミベアリングローラーです。
初代も何回か仕様が変わっているのですが、残念ながら手元にあるのは一番最初のモデルだけです。

初代13mmから比べると金属シールになったので玉減らしや注油などの改造は行いにくくなったのかな。
ただ、今回の13mmベアリングⅡは脱脂しなくても回転はそれほど重くないです。
更に軽く脱脂したらよく回ってくれています。


DSC_0513.jpg

初代と横から比較してみます。
両者とも厚さは3mmですが、左側の初代は側面が平たいのに対して、
Ⅱは壁面と接触する部分が細くなっています。
単純に考えたらⅡの方が壁面に対する抵抗が小さいように思えますが、
エッジも立ってるような感じがあるのでなんとも。


そんなんで空けだけの状態で分かったことをまとめると
・金属シールになって整備性は下がった
・あけた状態でもちょっと回る
・側面は壁面と接触する部分が小さい

といったところでしょうか。

13mmベアリングというと重いし径が中途半端であまり積極的に用いられる感じでもなかったのですが
脱脂をしなくても回ってくれるようになったので初心者が扱うには楽なんじゃないかと思います。

前ローラーに使えるだけ壁面に食いつくのかは走らせてみないと分からないっすね
 
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takrefuge.blog65.fc2.com/tb.php/1250-36253e4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。