twitter

プロフィール

namecorn

Author:namecorn
CPU:Intel Core i5 2500K
Mem:DDR3 8GB
Video:ATI Radeon HD 6850
Mouse:DHARMA POINT DRTCM37BK
Pad:Razer Goliathus Speed
Keybord:Topre Realforce 91 UDK-G

カテゴリー

Link

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のコメント

監視カメラ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Neat! Neat! Neat!
ゲームとクルマとPCにまみれた日常のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェックボックス入手
DSC_0634.jpg

土曜日に発売のミニ四駆チェックボックス。
一足早めに入手できました。

大会のレギュレーションで全長・全高・最大幅・最低地上高が定められています。
そのうち全長、最大幅が規定内に収まっているかを調べることができる箱です。

一応以前に規定サイズの線で書かれた板みたいなものは出ているのですが
地上から浮いた部分が収まってるか見るには真上からまっすぐ見下さないとといけない訳で
箱に入っただけで合格と分かる方が便利です。


DSC_0635.jpg

側面は注意書き。
製造上どうしても誤差が出るけど余裕が出る方向に出してるそうで。
こっちで入っても大会で使われてる車検の箱で入らなかったらダメだよ、とのことです。

1mm未満なので大差無さそうですがあんまりギチギチに作ると引っかかるってことですね。


DSC_0636.jpg

あけると箱。


DSC_0637.jpg

透明ではなくスモークがかかった感じ。
底面にはレーサーミニ四駆のロゴ。


DSC_0638.jpg

安物デジタルノギスで幅を計ってみました。
測定器の精度がアレですけどうちのは大体0.2mm程度は規定幅よりでかそうです。
箱になんとか入るようなら105mmをオーバーしてる可能性が高いです。

DSC_0641.jpg

マシンを入れてみる。
リアブレーキはもうちょい伸ばしても良さそう。
こういうのがすぐ分かって便利です。

DSC_0639.jpg

上から。
リアローラー周りは幅に余裕がありそうです。

DSC_0642.jpg

ピットボックスにも収納可能。
セッティングボードとも同居できます。

ブレーキ伸ばしたりローラー伸ばしたり、近年のミニ四駆は規定ギリギリのサイズで作ることが多いので、
これで簡単にチェックできるのはとても便利です。
限定品ですのでお早めに。


ていうか、タミヤは早くセッティングゲージを再販してくださいお願いします
 
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takrefuge.blog65.fc2.com/tb.php/1258-432cf74a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。