twitter

プロフィール

namecorn

Author:namecorn
CPU:Intel Core i5 2500K
Mem:DDR3 8GB
Video:ATI Radeon HD 6850
Mouse:DHARMA POINT DRTCM37BK
Pad:Razer Goliathus Speed
Keybord:Topre Realforce 91 UDK-G

カテゴリー

Link

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のコメント

監視カメラ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Neat! Neat! Neat!
ゲームとクルマとPCにまみれた日常のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARをいじるの弐.ブレーキどうしよう
CIMG1003.jpg

前回作成したスターターパック+α構成のバックブレーダー。
初の実戦として挑んだGNMビクトリーズ走行会では一度も完走できず惨敗しました。


CIMG1049.jpg

敗因は色々あるとは思いますが、とりあえず問題だなと思ったのが
ブレーキの調整幅が小さいことでした。

前はアンダーガードなのでスポンジブレーキが貼り付けられず
(マルチテープで無理やり貼りつけてますが、スポンジむき出しだと摩擦ですぐ剥がれる)
後ろのARブレーキも高さが低く、写真のように緑スポンジを貼ると地上高が厳しいです。
おまけにARブレーキはプラスチックなのですぐ歪む。弱い。

ちゅーことでブレーキに手を付けてみます。目標は以下の通り。
・前はスポンジを貼れるように
・ブレーキ高は黒-灰スポンジで2-3mm, 緑スポンジをそのまま付けられる高さを確保する
・タイヤ径は26mm(ローハイト)、バンパーは切らない(めんどいから)

シャーシ側の加工は手を付け始めると色々やっちゃいそうなのでなるべく避ける方向で。
簡単に用意できる予備車って扱いだし、頑張って加工するならいっそVS作るし。
使いまわしのできるパーツから加工していきます。

なお地上高の測定はタミヤのセッティングゲージなので超絶大雑把。
タイヤの精度とかブレとかFRPの歪みとかあるから細かい部分は各自で確認しましょう。


CIMG1054.jpg

フロントはFRPマルチワイドをポン付けしてブレーキを貼ってみる。
緑スポンジで地上高2.5mm程度でした。
下に補強用のリアFRPとか入れると緑で1mm確保は厳しそう。
まあFRP1枚で色々厳しいS2よりはマシということで。


CIMG1052.jpg

リアはそのままサブプレートを伸ばすと緑が貼れないので一工夫。
SXリアFRPに耳の部分だけ切り出したマルチワイドリアをくっつけてオフセットしました。
歪んでる気がするが仮組みなんで気にしてはいけない

CIMG1051.jpg

これで緑で1.5, 黒で2.5mm程度です。
ARブレーキだと黒で2mmないくらいなので、コンマ5は稼げたことに。うーん微妙。
ただオフセットさせてるマルチワイドを上げればもうちょいいけそう。
ビスの頭が擦らない程度に調整してみよう。

地上高的にはマルチワイドリアを上に付けてブレーキ下ろすのが一番ですが、
ながーいビスにスペーサー詰め込んで調整するのもなんだかなってことで。


結局アンダーガードとARブレーキいらなくね?みたいな記事になっちゃいました。
でも初心者がビスの頭を気にしなくていいって大事なことかなと。
スポンジ付けずにビスむき出しでプレート付けてるマシンを結構見かけるし。

ビスの頭が飛び出てるとコースに傷が付くので好ましくない訳ですが
FRPプレートに黒とか灰のスポンジを板に貼った状態でも、
圧がかかってつぶされた時にビスとコースが触れる可能性があります。
とりあえずマルチテープを貼るとかして保護してあげた方が親切かなと。
そういう私も指摘されるまで気付かずにいたんで、あんまし人のこと言えないけど。

ざぐって皿ビス使っちゃうのが一番スマートなんだろうなあ。
ただ、皿ビスをどっから仕入れてくるかってのが問題で。

 
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takrefuge.blog65.fc2.com/tb.php/1303-f4c9406e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。