twitter

プロフィール

namecorn

Author:namecorn
CPU:Intel Core i5 2500K
Mem:DDR3 8GB
Video:ATI Radeon HD 6850
Mouse:DHARMA POINT DRTCM37BK
Pad:Razer Goliathus Speed
Keybord:Topre Realforce 91 UDK-G

カテゴリー

Link

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のコメント

監視カメラ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Neat! Neat! Neat!
ゲームとクルマとPCにまみれた日常のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PKCELLの噂の充電器を買う
ぼんやりとツイッターを眺めていたら、オリオンEZチャージャー同等の充電器が安いという情報を目にしました。
調べてみると確かに見た目がACアダプターまでそっくり同じ、写真で見る限り基板もなんとなく同じっぽい。
そして何より価格が1380円(11/29現在、楽天某ショップにて)とやたら安い。

オリオンEZチャージャーは少し前まで売られていた単三・単四電池用の充電器です。
4本を別々に2.2A(単三の場合)で充電でき、放電→充電のリフレッシュ機能もついているので
扱いやすい充電器として特に充電器初心者に人気の一品でした。

そんなアレと同じアレがめっちゃ安い。ということで・・

DSC_1287.jpg

買っちゃいました(∀`*ゞ)テヘッ
彼の名前はFast Charger 8155
PKCELLという中国の電池メーカーの製品のようです。
ポイントが1300円分くらいあったから100円で買えたよ!

なお付属品は本体とACアダプタのみ、説明書とか保証書とかの書類は一切無しという男気溢れる仕様。
ただ説明書に関してはオリオンのウェブサイトからEZチャージャーの日本語の取説が使えます(笑)
本家はシガーソケットが付属しているバージョンもありましたが当然付いてきません。車で使いたい派は自分で何とかしましょう。


CIMG1291.jpg

裏面に入出力が書いてありますが勿論EZチャージャー同等です。
入力は直流12Vのみ。付属のACアダプタを使用してコンセントに接続します。コネクタを何とかすれば親電源で動かせそう。
(追記:ACアダプタは定格電圧12V, 定格電流1.2A。
所有してるYZ114SP内臓のACアダプタより小電流なので親電源にも優しそう)



CIMG1289.jpg

電池を入れて電源を繋げると充電が始まります。
各セルの充電状況がひと目でわかるのは便利ですね。
電池全部の充電が終わるとバックライトが消えますが特に音とかは鳴りません。
充電電流が2.2Aなので、その電流でずっとネオチャンプを充電すると仮定して単純計算すると約26分で満充電となります。
(追記:EZチャージャーの仕様だと充電終了後はトリクル充電に移行するようなので、
充電完了後すぐに取り外せるようにしといた方がよさそうです。)

一方で放電電流はEZチャージャー同等だと約100mA。ネオチャンの容量全部抜くとすると10時間くらいかかる計算に。
リフレッシュは大会前日の寝る前にかける形になりそうです。

キットの箱と比べると大分コンパクト。持ち運びがし易そうです(持って行った先に電源がないと動かないけど)


使用レポですが、本家EZチャージャーとの比較は本家を持ってないので出来ません。
とりあえず今使ってるRC用の充電器、YZ114SPと比べてみてどのくらい入るのかを試してみます。

まず1.0Vカットで放電管理していた電池をPKCELLで充電してみます。

DSC_1289.jpg

充電後の電圧はこんな感じ。

で、同じ電池をYZで1A放電後2Aで充電。デルタピークは3mV(適当)。

CIMG1292.jpg

YZのが仕上がり電圧は高めのようです。温度もあったかい。
でも寝てたのをPKCELLで起こしてからコンディションが出てきただけなのも否めず。
とりあえずそこそこは充電してくれるよ、という印象です。
立体で気軽に使う分には問題ないんじゃないかなあ。


ということでPKCELLの簡単な紹介でした。
EZチャージャー同等品とはいえ中国メーカーブランドの上に保障も何も無いのはアレですが、
そこそこ使える充電器が安く手に入るのは良いことだと思います。

うちはメインの充電器としてYZ114SPを使っていますが、2セル直列で充放電管理をしているので
1台分ずつ充電していた時間が単純に半分になる上に1セル単位で充電できるのは大変便利です。
ちょっとくらい仕上がりが浅くてもYZの方で追えばいいし。

ただ、PKCELLと似たような役割はエナジャイザーでも出来るし
あちらはフラットの基礎充電に使用している人がいるくらい実用性が高いです。
保障とコスト差とリフレッシュ機能の有無をどう捉えるかがポイントかなあ。

シガーソケットと親電源での動作確認はそのうち試してみたいと思います。
うまくいったら紹介しようと思うので、期待せずお待ちせず宜しくお願い致します。


 
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takrefuge.blog65.fc2.com/tb.php/1318-0f3ceb5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。