twitter

プロフィール

namecorn

Author:namecorn
CPU:Intel Core i5 2500K
Mem:DDR3 8GB
Video:ATI Radeon HD 6850
Mouse:DHARMA POINT DRTCM37BK
Pad:Razer Goliathus Speed
Keybord:Topre Realforce 91 UDK-G

カテゴリー

Link

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のコメント

監視カメラ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Neat! Neat! Neat!
ゲームとクルマとPCにまみれた日常のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニ四駆GP2016 NEW YEAR 東京大会
品川シーサイド オーバルガーデンにて開催された
ミニ四駆の公式大会に参加してきました。


会場入りしたのは8時半前。
既に受付は開始していて、そこまで待たずにエントリー完了。
ジャパンカップは同じ時間に行って一時間半は待ったからなあ(遠い目)



それでも受け付け番号は2000番を越えました。
くっそ寒いのにみんなよく来るな。。

当然午後の出走なので、朝飯食ってDKCピットに顔出してから秋葉原へ。
ゲーミングマウス高ぇなおい(冷やかし)


昼過ぎに会場に戻ってマシンの準備を始めます。

今回は東京在住の学生時代からの友人との参加です。
お互い仕事してると長期休暇以外で中々会う機会が無いので
ミニ四駆が良いきっかけになってくれました。


さて、今回のコースがこれ。
手前から30度、45度とバンクが続き、
最後に60度のレーンチェンジが入るという登り坂祭りのレイアウトです。

2016012520000530a.jpg

坂を意識してブレーキを上げると牙を向くのがこのドラゴンバック。
長いホームストレートでフル加速してから突っ込んでくるので、結構な飛距離になります。
見ている限りコーナー手前の坂の入り口より先に飛ばすとアウトな印象でした。

そんなこんなで挑んだ一次予選は…



無事に通過。
スタートで先行してからそのままぶっちぎっての勝利でした。
バンクもそんなに食われず、タイムも大体31~32秒とまずまず。
今回は行けそうな気がする…!

なお、連れはその直後に出走、
完走はしたものの速度負けで3位でした。
前回はフライングした後に仕切り直しでタイヤが外れての敗退だったから随分成長したと思います(^o^;)


二次に備えて動画を見返したら飛距離は思ったより余裕がない感じ。
電池を一次と同じタイミングで充電していたものに換えて、速度的にはそのままの意識で望みました。

スタート直後は全車ほぼ横並び。
スロープを越えた辺りからも先頭争いに残っていましたが
バンク大外→60度チェンジャー通過で一旦出遅れ4位で一周目を終える。
二周目を終えた所でまだチェンジャーを越えてないマシンと二位争いをしていたので
そのちょっと先にいる、現状チェンジャーを越えてない一位のマシンとトップ争いをしていることに。
しかし、これはいけるぞ…と思った矢先、
三周目のドラゴンバックが収まらずコースアウト。


動画見返したら完全にジャンプの距離が長すぎでした。
同じ電池だと思ったけど微妙に速かった模様。


シードもないので今日のレースはこれにて終了。
速すぎるマシンに先行されることもなく、久々に速度で戦えていたことと、
タイヤ新調の効果かジャンプを真っ直ぐ飛べていたことが収穫でした。
やっぱ要所要所の精度は大事やで。


帰りがけに池袋のミニ四駆バー、DRIBARさんにお邪魔してきました。
楽しいレイアウトでタイムアタックも出来ますが上位10人のタイムが書かれたボードは更新できず。
トップのしとさまさんとは1秒近く差がありました。これがチャンピオンズの力か…!

ということで久々の東京遠征は楽しく過ごすことが出来ました。
当日お会いしたDKCの皆さん、そして1日付き合ってくれて赤ブレーキも貸してくれたみなと君には感謝です。

次回はDKCの月例大会に参加しようと思ってます。
またしばらく3レーンの大会が続きますので、ホームコースでしっかり練習したいところです。
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takrefuge.blog65.fc2.com/tb.php/1325-d3f55f18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。