twitter

プロフィール

namecorn

Author:namecorn
CPU:Intel Core i5 2500K
Mem:DDR3 8GB
Video:ATI Radeon HD 6850
Mouse:DHARMA POINT DRTCM37BK
Pad:Razer Goliathus Speed
Keybord:Topre Realforce 91 UDK-G

カテゴリー

Link

月別アーカイブ

FC2カウンター

最近のコメント

監視カメラ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

Neat! Neat! Neat!
ゲームとクルマとPCにまみれた日常のブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Oblivion
オブリをついに始めました。

牢獄の中でスタート(シリーズの伝統らしいです)
まず種族を決めるのと項目が多いくせにどう頑張ってもかっこよくならない外観いぢりから。

それが終わるとなんと「皇帝」が自分の牢屋に。
どうやら暗殺者に追われているため、主人公の牢屋に隠してある逃げ道を使うということで。
そしたら自分、皇帝の「夢のおつげに出てきた」らしく
逃げる途中で皇帝は「Amulet of King」を託して突然現われた暗殺者の刃に倒れます。
生き残った護衛の導きのまま地下の下水道を抜けると帝都の外。
皇帝は「Jefferyの元にいけ」といったが。。。
 って所で冒険が始まります。


別に皇帝の頼みなんかシカトしても全く問題ないのですが、
はじめてなのでこのメインクエストを進めてみようと。

…そう思ってブラブラ、宿屋のあたりにいた親父に話しかけたら魚を獲ってほしいという話をされた。
お金も装備も俺のプレイスキルも心もとない状態だったのでまずは力だめしに魚とりで金稼ぎに挑戦することに。

でかい魚でしかも反撃してくるので中々苦戦して12匹そろえる前に日が暮れる。

仕方ないので今日はそこんところで引き上げて今晩泊まる宿を探すことに。
暗くなっていく中迷ったのでガード(警察みたいな)のおっさんに訊いたらウォーターフロントにある宿屋が安いけどおすすめしないとか。
金が無いから文句いってられません。そっちに向かおう。

途中停まってた船にちょっと乗ってみようとしたら外で話してた持ち主らしき人にぶちきれられ、
抜刀して襲いかかってきたところをガードのおっさんと近隣住民に助けられました。。
まじガード強いです。俺も犯罪犯さないように注意せねば。。
ちなみに襲ってきた奴の剣がちょっといいやつだったので頂きましたよ。

やっとの思いで宿に到着。
船でした。大丈夫かと思ったらやっぱり2部屋しかなくて狭いw
猟師のオヤジのところの宿と値段一緒じゃねーか、無駄足だったなとか、
明日どのくらい報酬もらえるかな、とか思いを巡らせながら質素なベッドで眠りにつき、
目が覚ましてみるとそこには見覚えの無い男が。。
どうやら盗賊らしく、仲間とこの船を強奪しに来たと。

強盗団のメンツを全て殺し、元の船の持ち主とその用心棒に感謝されながらまた魚とりに向かうところで今日のオブリは終了しました。


回復だのセーブだののためでなく暗くなってきたからに宿を借りるという発想が素直に出てくるほど
このゲームのリアリティは半端ないと思う。
本当にロールプレイしてる気分になります。

しかし収入の殆どが襲ってきた奴の装備な割りに
荷物が全て手持ちなので正直しんどい。
そして家が無いので宿借りる日々。
これから旅に出るのに準備するためのお金を果たして集められるのだろうか。。
資金難で皇帝から渡されたアミュレットをうっぱらっう日も近いかもしれない。



関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://takrefuge.blog65.fc2.com/tb.php/885-206a3fdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。